/

この記事は会員限定です

外国人在留資格を拡大 専門人材受け入れ、法務省検討

[有料会員限定]

法務省は2020年までの出入国管理基本計画をまとめた。日本の経済成長に寄与する高度な技術や知識を持つ外国人の受け入れを推進するため、在留資格の拡大を検討する。訪日観光客などの増加をにらんで入国審査の迅速化を明記した。一方でテロリストの入国を阻止するための情報分析など水際対策を強化する姿勢も打ち出している。

同計画は今後5年間の外国人の出入国や在留に関する法務省の基本姿勢を示すもの。20年の東京五輪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン