2018年11月15日(木)

東京五輪、羽田への鉄道新線はなし 国交省 既存路線で対応

2015/7/1付
保存
共有
印刷
その他

国土交通省は1日、羽田空港への鉄道アクセスの改善をめざす新線計画について、2020年の東京夏季五輪までの開業は困難との見解を明らかにした。外国人旅客の増加などを見込んで地元で開業期待が高まったが、工事が間に合わないと分析。今ある鉄道の効率化で羽田への接続も含め需要増に対応できると判断した。

1日開催した東京圏の都市鉄道のあり方を議論する有識者会議で、この見解を盛り込んだ中間整理を取りまとめた。

東京五輪に向けた新線計画は東京急行電鉄の蒲田駅と京急蒲田駅を地下新線でつなぎ渋谷などからの時間短縮をめざす「新空港線」(蒲蒲線)、東日本旅客鉄道(JR東日本)の都心と結ぶ「羽田空港アクセス線」の暫定開業が検討されてきた。

しかし鉄道整備は一般的に環境アセスメントなどの手続きに早くて2年半、その後の工期は最短で7年程度かかる。時間短縮には限界があり、東京五輪までの開業は難しいとした。首都圏に今ある鉄道網は、相互直通運転の拡大や運行ダイヤの改善などで輸送能力が向上している。羽田・成田の両空港への輸送は高速化も進んでおり、東京五輪時の需要増にも対応できるとした。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報