/

この記事は会員限定です

法案成立率、「最長国会」でも8割台に大幅低下

[有料会員限定]

通常国会として過去最長の245日の会期幅となった今国会で、政府提出法案の成立率は最終的に8割台にとどまりそうだ。昨年の通常国会の97.5%から大幅に低下する。政府・与党が最優先する安全保障関連法案への影響を考慮して他の法案でも慎重審議を強いられたほか、同法案成立後の国会空転も想定し、成立させる法案を絞り込んだことが背景にある。

政府が今国会に新たに提出した75法案のうち、1日までに56本が成立し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン