/

15年度の税収56兆円、24年ぶり高水準 法人税は6年ぶり減

財務省が1日公表した2015年度の一般会計決算概要によると、国の税収は前年度比2兆3147億円増の56兆2854億円と24年ぶりの高水準だった。年初来の円高で企業収益に陰りがでたため、法人税は10兆8274億円と6年ぶりに前年の水準を下回った。所得税は17兆8071億円、消費税は17兆4263億円だった。

15年度の税収は年度途中の補正予算編成の見積もりを7年ぶりに割り込んだ。安倍晋三首相が表明している秋の経済対策に活用できる剰余金は2544億円にとどまった。

財務省は16年度の税収を15年度実績比で1.3兆円増の57.6兆円と見積もっている。英国の欧州連合(EU)離脱問題などで経済の不透明感は増しており、財務省は「今後の税収動向を見極めながら(見直しの是非を)検討する」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン