/

自民・小泉氏「介護保険料上乗せも」 「こども保険」財源

自民党の小泉進次郎衆院議員は1日、都内で講演し、自身らが提唱する「こども保険」の財源として、介護保険料の上乗せも検討すべきだとの認識を示した。将来、保険料を納める子どもが増えないと1人あたりの保険料は膨らむことに触れ「国民の理解が得られるか、政府の議論の展開を期待している」と述べた。

こども保険は企業や個人が負担する社会保険料を0.1~1%上げ、幼児教育や保育の費用を実質無償化する案だ。当初は年金保険料の引き上げを有力な財源案と示したが、負担が現役世代に偏るとの声もあり、40歳以上から徴収する介護保険料や医療保険料の上乗せも検討対象に含めるべきだとの考えを示した。

小泉氏は安倍晋三首相が提起した憲法9条に自衛隊の存在を明記する条文の追加について「自衛隊が違憲かどうかの論争が起きる状況を放置することはおかしい。明文化は当然だ」と賛同した。

学校法人「加計学園」(岡山市)が国家戦略特区に大学の獣医学部を新設する計画を巡り、民進党が特区廃止も求めることついては「特区潰しはしてはいけない。規制改革に死に物狂いで反発する役所間の調整に、政治判断も含めて突破口を開けないで日本の改革のスピードは上がるのか」と疑問視した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン