/

「色だけ商標」第1号、セブンやトンボ消しゴムに

特許庁が認める

特許庁は1日、文字などがない「色だけの商標」を初めて認めた。トンボ鉛筆の消しゴムとセブン―イレブン・ジャパンの店舗や商品に使われる色の組み合わせを、商標として認めた。これまで文字や図形に加え音やホログラムなども、商標として認められていたが、色だけで商標登録されたのは初めて。企業のブランド戦略を支援する。

色の商標、トンボ鉛筆
色の商標、セブン―イレブン・ジャパン

商標登録されたのは、トンボ鉛筆の消しゴムのケースに使われる「青・白・黒」と、セブンイレブンの看板や商品に使われる「白・オレンジ・緑・赤」の組み合わせ。

通常、色だけの商標登録は認められず、今回は例外的な措置となる。特許庁はどちらの色も企業が30年以上使っているうえ、商品の市場シェアが高く、積極的な宣伝を続けている点などを重視。消費者の認知度も高いことが登録の決め手となった。

同庁によると、色の商標は現在492件出願されており、テレビCMなどで使われる音(ジングル)と並んで企業の関心が高いという。今回認められた2社のほかにも、三井住友銀行やイオン、伊藤園などが商品や店舗に使う色を出願している。

欧米や中国などはすでに色の商標を認めている。例えばフランスの高級靴「クリスチャン ルブタン」の「靴底の赤い色」も、海外で商標として認められており、日本で商標として出願されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン