/

この記事は会員限定です

TPP年内署名へ綱渡り 米大統領選で日程厳しく

[有料会員限定]

【ラハイナ(米ハワイ州)=御調昌邦】環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する12カ国は、閣僚会合を早期に開いて合意にこぎ着け、年内にTPPの署名を終えたい考えだ。ただ医薬品に関する知的財産ルールなどを巡る対立は解けておらず、来秋の米大統領選から逆算しても残された時間は少ない。この先も綱渡りの日程が続くことになる。

12カ国の閣僚は今回の会合を「妥結に至る最後の閣僚会合にする」(甘利明経済財政・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン