/

はがき・切手 62円に値上げ 日本郵便、23年ぶり

日本郵便は1日、郵便料金を値上げした。はがき・切手が10円値上げし62円になった。消費増税に伴う値上げを除き、1994年以来、23年ぶりの実施だ。定形外郵便の一部も値上げした。年賀状(52円)と封書(82円)は据え置いた。

東京中央郵便局(東京・千代田)で同日、はがきを購入した千葉県の男性(75)は「はがきを出す人が減っている。値上げも仕方ない」と話した。東京都内在住の女性(80)は「はがきは手書きで味わいもある。(値上げでも)変わらず出し続けたい」と語った。

値上げの背景にあるのは郵便物の減少や人件費の上昇。今回の値上げで日本郵便の営業利益は300億円程度、改善する見通し。ただネットの普及による郵便離れもあり、厳しい事業環境が続けば今後、再値上げする可能性がある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません