/

この記事は会員限定です

迷惑ファクスで10億円 海外子会社任せに限界

グローバル企業の死角(上)

[有料会員限定]

グローバル企業が想定外のリスクに直面している。国ごとに異なるルールに戸惑い、対応に頭を悩ます。死角と苦闘する国際企業の姿を追った。

広告に落とし穴

玩具の老舗タカラトミー。米国で1通のファクスに翻弄された。「玩具の陳列棚をまとめて購入予約すると値引きします」。米国の子会社が販売店に送った営業広告のファクスだ。

米国は、迷惑ファクス防止法で1枚目に送信停止方法などを記すよう送信者に義務付けている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン