2018年8月19日(日)

無人飛行機「法的グレーゾーンはベンチャーの聖域」 弁護士・三平聡史氏
先端技術とルール(上)

2014/12/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 今後の市場拡大が期待される無人飛行機(ドローン)だが、航空法に明確な規定はない。企業が事業化する際、法的にはどんな問題に注意すべきか。技術に詳しい三平聡史・みずほ中央法律事務所代表弁護士に聞いた。

 ――無人飛行機は航空法上、どんな位置づけですか。

 「航空法は無人飛行機の登場を想定していない。航空法施行規則に出てくる『模型飛行機』に当たり、高度150メートル未満なら許認可は不要というのが一般的な解…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報