/

この記事は会員限定です

<東証>富士フイルムが6%高 「アビガンの臨床試験」 売買急増

[有料会員限定]

(9時45分、コード4901)富士フイルムが高い。一時、前日比303円(6%)高の5623円をつけた。売買高はすでに360万株を超え、前日1日分の4割強に達した。31日付の日本経済新聞朝刊は「富士フイルムは、抗インフルエンザ薬『アビガン』で新型コロナウイルスを治療する臨床試験(治験)を31日から始める」と報じた。治験で有効性を証明できれば早期に全国の医療機関で処方を受けられるようになるといい、材料視した買いが入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン