2018年7月21日(土)

経団連会長、働き方改革「企業は構造変える取り組みを」 定時総会後会見

2017/5/31 17:41
保存
共有
印刷
その他

 経団連の榊原定征会長は31日の定時総会後に開いた記者会見で、製造業の生産性向上と働き方改革の実現に向け「長時間労働をしなくても利益が出せるように企業の構造を変える取り組みが必要だ」との認識を示した。

 日本経済の潜在成長力の拡大については、社会保障制度改革や財政健全化などを重点課題に挙げ、2019年10月に予定されている消費税率の引き上げは「確実に実現しなければならない」と述べた。

 総会で経団連の新副会長に選任されたトヨタ自動車(7203)の早川茂副会長は「日米関係の維持・強化がますます重要になっている」と指摘。米トランプ政権の政策動向を見極めるための情報収集や要人との関係構築を進める考えを示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報