/

任天堂の4~9月期、営業益53%増 スイッチ好調で10年ぶり高水準

任天堂が31日に発表した2019年4~9月期の連結決算は、営業利益が前年同期比53%増の942億円と、同期間としては2009年4~9月期の1043億円以来10年ぶりの水準を回復した。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」本体やソフトの販売増加が寄与した。

売上高は14%増の4439億円だった。スイッチの販売台数は前年同期に比べて37%増の693万台、スイッチ向けゲームソフトの販売本数は39%増の5849万本だった。「マリオカート8デラックス」や「大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル」などがけん引した。「ニンテンドー3DS」の販売台数は63%減の37万台と減少したが補った。

純利益は4%減の620億円にとどまった。為替差損を205億円計上したことなどが利益を圧迫した。

4~9月期の中間配当は270円とする。年間配当は従来の760円(前期実績は810円)を据え置いた。

20年3月期の連結業績は従来予想を据え置いた。売上高は前期比4%増の1兆2500億円、純利益は7%減の1800億円を見込む。スイッチの今期1800万台との販売予想も据え置いた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン