/

ヤマトHD副社長「取り扱い数量確保のための値下げせず」

ヤマトホールディングス(9064)の芝崎健一副社長は31日、2019年4~9月期の決算会見で宅配便の価格について「取り扱い数量を確保するために、値下げすることはない」と話した。足元の取り扱い数量が伸び悩んでいることへの打開策としての値下げを否定した。芝崎氏は「プライシングをしっかりし、了解したお客様と取引を拡大していく」と強調した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン