最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,215.71 -127.80
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,160 -150

[PR]

業績ニュース

東エレクの20年3月期純利益、32%減に上方修正 5G関連需要などで

2019/10/31 16:20
保存
共有
印刷
その他

東京エレクトロンは31日、2020年3月期の連結純利益が前期比32%減の1700億円となる見通しだと発表した。従来予想の1640億円から上振れし、減益幅が縮小する。半導体メモリーや次世代通信規格である5G関連の需要が増加し半導体製造装置の受注が想定を上回っているのを反映した。

売上高は13%減の1兆1100億円となる見通し。従来予想から100億円上方修正した。営業利益は28%減の2250億円と、50億円上振れを見込む。

4~9月期末の中間配当は246円とすると発表した。従来予想の193円から上振れする。期末配当予想は290円と従来予想の309円から引き下げたが、年間配当は536円と従来予想の502円から上方修正した。前期は758円だった。

同時に発表した2019年4~9月期連結決算は純利益が前年同期比42%減の787億円だった。データセンター向けなどの需要が一時的な調整局面にあることから半導体メモリー製造会社などが設備投資を抑制し、半導体製造装置の受注が減少した。売上高は26%減の5084億円だった。

笹川謙経理部長は業績を上方修正した背景について「NAND型フラッシュメモリーの製造会社やファウンドリーの顧客からの受注が良くなっている。5Gなど最先端の投資がファウンドリーの顧客で始まっている」と話した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム