最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

パナソニックの4~9月期、純利益11%減 モーターなど振るわず

2019/10/31 16:04
保存
共有
印刷
その他

パナソニックが31日発表した2019年4~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が11%減の1009億円だった。車載機器関連の開発費が増加したほか、中国での設備投資の低迷により産業用モーターやセンサーなども販売の落ち込みが響いた。

売上高は4%減の3兆8444億円、営業利益は28%減の1402億円だった。建材や水回り商品の販売が好調だったライフソリューション事業が増収増益となった一方、その他の事業が苦戦した。

売上高比率の高い家電などのアプライアンス事業は海外でテレビやデジタルカメラの販売が苦戦し、減収減益となった。車載電池や車載機器のオートモーティブ事業は全体では増収となったものの、開発費の増加で赤字幅が拡大した。産業用モーターなどのインダストリアルソリューションズ部門は市況悪化でコンデンサーの販売の落ち込みも重なり、同事業の営業利益は56%減と大幅に落ち込んだ。

20年3月期通期の連結業績予想は売上高のみ下方修正した。前期比4%減の7兆7000億円と、従来予想(1%減の7兆9000億円)から引き下げた。営業利益は27%減の3000億円、純利益は30%減の2000億円とする従来見通しを据え置いた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム