2019年1月20日(日)

マルエツ・カスミなど3社が統合 イオンと丸紅が株保有

2014/10/31付
保存
共有
印刷
その他

マルエツ(8178)とカスミ(8196)、イオン(8267)傘下のマックスバリュ関東は31日、共同持ち株会社を設立し、スーパーマーケットの事業会社3社を経営統合すると発表した。イオンと丸紅(8002)がそれぞれ約7割と3割を拠出する共同出資会社が持ち株会社の株式の過半数を取得する。コンビニなど他業態を含め競争環境が激しくなる中、統合で経営基盤を強化する。

3社で共同持ち株会社「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」を15年3月2日に設立。同日に新会社株式を東京証券取引所に上場させる。マルエツの普通株1株に対して持ち株会社の0.51株、カスミ1株に同1株、マックスバリュ関東1株に同300株を割り当てる。マルエツとカスミは15年2月25日に上場廃止となるが、各社の屋号は保つ。新会社は20年に売上高1兆円、1000店舗体制を目指す。統合3社合計の今期売上高の1.5倍程度、店舗数は約2倍の規模が目標となる。

イオンと丸紅の共同出資会社はマルエツにTOB(株式公開買い付け)を実施し、持ち株会社の設立時に議決権の過半数を取得する。持ち株会社はイオンの連結子会社、丸紅の持ち分法適用会社となる。マルエツ株の取得額は約441億円。買い付け期間は未定だが、TOB価格は1株525円を予定する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報