日ハム、今期純利益49%減に下方修正 国産豚肉・鶏肉相場が軟調

2019/1/31 14:32
保存
共有
印刷
その他

日本ハム(2282)は31日、今期(2019年3月期)の連結純利益(国際会計基準)が前期比49%減の190億円になりそうだと発表した。従来予想(39%減の230億円)から40億円下方修正した。主力の食肉事業で国産の豚肉や鶏肉相場が前年に比べ軟調に推移したほか、飼料価格の上昇も重荷となり、採算が悪化する。

売上高は前期比1%減の1兆2500億円と、従来予想から100億円引き下げた。ハム・ソーセージなどの加工事業では業務用商品の販売数量が減少した。

同時に発表した2018年4~12月期連結決算は、純利益が前年同期比34%減の240億円、売上高は2%減の9537億円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]