三菱電常務、エアコンなど増税前駆け込み需要「想定の倍あった」

2019/10/31 14:23
保存
共有
印刷
その他

三菱電機(6503)の皮籠石斉常務は31日、2019年4~9月期の決算会見で、10月の消費税率引き上げ前のエアコンなどの駆け込み需要に関して「4~9月期は想定の倍くらいの効果があった」と話した。一方で「その分の反動減があると思っており、年間通しては(業績が)持ち上がるとは思っていない」との見方を示した。

また30日に日立製作所ホンダが傘下の自動車部品メーカー4社を統合すると発表するなど、自動車部品メーカーの協業が進んでいることについては、「現時点で(具体的な案件を)持っているわけではないが、そうしたこともありうる」と今後の提携の可能性については否定しなかった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]