/

この記事は会員限定です

緑の白鳥VSバフェット氏 アップル頼みの危うさ

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

今年90歳になる米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏の目に、国際会議でトランプ米大統領とやり合う17歳の女性環境活動家やオーストラリアの森林火災で焼け出されたコアラはどう映っているのだろうか。

肩入れするわけではないが、国際決済銀行(BIS)は気候変動問題をうまく表現した。いわく「緑の白鳥」。めったに起こらないが発生したら大惨事になるという意味の「ブラックスワン(黒い白鳥)」になぞらえ、金融危...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1785文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン