2019年8月23日(金)

8/23 8:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,628.01 +9.44
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,620 +50

[PR]

業績ニュース

第一三共の4~12月期、純利益18%減 新薬開発中止の減損響く

2018/1/31 13:31
保存
共有
印刷
その他

第一三共が31日発表した2017年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比18%減の726億円だった。米国で一部の麻薬性鎮痛剤の開発を取りやめ、無形資産の減損損失を計上したのが利益を圧迫した。

売上高にあたる売上収益は1%増の7410億円だった。欧米で特許切れした主力の高血圧症治療薬「オルメサルタン」が大幅な減収となったものの、抗凝固薬「エドキサバン」の販売が大きく増えたほか、外国為替市場での円安が売上高を押し上げた。

もっとも、麻薬性鎮痛剤「CL-108」の開発・販売契約の解約を決めたことで278億円の減損損失を計上したのが響き、営業利益は932億円と28%減った。

18年3月期の連結売上収益は前期比1%減の9500億円になるとの見通しを示した。日本や米国、欧州での販売が順調なうえ、円安が売上高を押し上げるとみて、従来予想の9300億円から上方修正した。一方、純利益は6%減の500億円との見通しを据え置いた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。