/

塩野義の4~6月期、純利益21%減 感染症薬振るわず

塩野義製薬が31日発表した2020年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比21%減の215億円だった。抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」を含む感染症薬の販売が振るわなかった。米国で前期に計上した共同販売契約に伴う一時金がはく落したことも響いた。

売上高に当たる売上収益は12%減の714億円、営業利益は19%減の256億円だった。国内で薬価改定の影響を受けたほか、新型コロナウイルスの感染拡大で外来受診が減り医薬品の販売が低迷した。ロイヤルティー収入も減少する一方で、新型コロナ向けの治療薬やワクチン向けの開発費が膨らみ利益を圧迫した。

21年3月期通期の連結業績予想は据え置いた。売上収益は前期比3%減の3235億円、純利益は15%減の1036億円を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン