首相、新型肺炎「各種対策を強化」 対策本部で

2020/1/31 12:48
保存
共有
印刷
その他

政府は31日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開いた。安倍晋三首相は、同日未明に世界保健機関(WHO)が新型肺炎について緊急事態宣言を出したことについて「感染が国際的な広がりを見せている緊急事態であり、緊急の対策が求められているとの強い危機感のもとに各種対策を抜本的に強化していく」と述べた。

新型コロナウイルスによる肺炎を感染症法の「指定感染症」とする政令の施行日を前倒しするほか、感染者は入管法の規定により入国を拒否することになると説明。「症状が出ていないにもかかわらずウイルスの陽性反応が出た人がいる事実も踏まえ、水際対策の実効性を一層高めなければならない」と、入管法に基づく運用について関係大臣に速やかに検討するよう求めた。「事態は時々刻々変化している。前例にとらわれた対応ではこの前例なき危機に対応することはできない」と強調した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]