/

この記事は会員限定です

株、絞られる物色先 バリュー相場にFRBが冷水

[有料会員限定]

30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)をきっかけに、割安株優位だった株式相場の流れが変わる兆しが出てきた。31日の日経平均株価は上昇しているものの、心理的な節目の2万3000円の手前では伸び悩んでいる。物色の変化に注意が必要だ。

「利下げは今回で打ち止めとなるが、今後相当の期間、利上げもない。だとすれば、金利上昇が追い風になる割安(バリュー)株投資は分が悪い」。30日のパウエル米連邦準備理事会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン