/

官房長官、アジア投資銀参加「特定の期限にとらわれず」 運営の透明性重視

菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への日本政府の関与に関して「きょう時点で参加することはありえないし、明確に説明を中国に求めていくことに変わりはない」と述べ、参加について慎重な姿勢を改めて示した。

中国側はAIIBの創設メンバーとして枠組み作りに参加できる期限を今月末としていたが、菅氏は「特定の期限にとらわれることなく、関係国と連携しながら中国側に働きかけをしていきたい」と説明。日本政府が問題視するAIIBの組織運営の透明性などに関する説明を、引き続き中国側に求めていく考えを強調した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン