/

この記事は会員限定です

「コロナ禍の勝ち組」トップ・グローブに続く受難

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=村田菜々子】新型コロナウイルスのワクチン開発を巡る報道に世界が沸き立つ中、これまで医療関連の需要拡大を追い風に業績を拡大してきたゴム手袋業界が転機を迎えている。マレーシアを本拠とする世界最大手のトップ・グローブではさらにコロナのクラスター(感染者集団)が発生し、外国人労働者の劣悪な労働環境も明らかになった。コロナ禍の「勝ち組」とされてきたトップ・グローブなどに対する投資家の視線...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン