住友化、南米の農薬事業買収を発表 約700億円

2019/9/30 9:21
保存
共有
印刷
その他

住友化学(4005)は30日、オーストラリアの農薬大手ニューファーム社からブラジルなどの南米事業を買収すると発表した。子会社を通じてニューファーム社の現地子会社4社の全株式を取得する。取得額は約700億円を見込み、2020年前半の取得完了を目指す。

今回の買収によって、同社の南米地域における農薬の売上高は約3倍になるという。20年3月期の業績への影響については「現在精査中で、公表すべき事項が発生した場合は速やかに知らせる」としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]