/

レオパレス、米ファンドの支援受け入れ発表 570億円調達

経営再建中のレオパレス21(8848)は30日、米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループの支援を受け入れると発表した。フォートレス傘下のファンドに対して、普通株式や優先株式の割り当て、新株予約権付き融資などで約570億円を調達し、財務の立て直しを急ぐ。

レオパレスは新たに発行する普通株をフォートレスに割り当て、約120億円を調達する。フォートレスは同普通株を1株142円で8450万7000株引き受ける。払込期日は11月2日。このほか新株予約権付き融資で300億円を借り入れる。新株予約権は1個1円35銭で1億5974万8700個を割り当てる。行使価格は1個142円。

また、レオパレス子会社が新たに発行する優先株で150億円を調達する。フォートレスは同子会社のA種優先株式を1株2万円で75万株引き受ける。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン