2019年9月16日(月)

ファイザー株大幅安 中期的な収益が下振れとの見方

2019/7/31 1:24
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】30日の米株式市場で製薬大手のファイザーが続落し、一時は前日比6.3%安の38.82ドルを付けた。モルガン・スタンレーが30日付で投資判断を「買い」から「中立」に、目標株価を48ドルから40ドルに引き下げたのが売り材料となった。中期的な収益が想定より下振れするという。

ファイザーは29日、特許切れ医薬品事業を切り離して後発薬大手のマイランと統合させる方針を示した。統合は2020年半ばを予定する。モルガンのアナリストは、今回ファイザー経営陣が示した業績見通しをもとに20年12月期(特許切れ薬品事業含む)の1株利益を2.56ドルと従来予想から15%引き下げた。主力薬に対する規制強化、新薬開発の利益率低下、特許切れ医薬品の価格低下などが収益の重荷となる。

マイランと統合する新会社については「成長は穏やかな基調にとどまる」と予想。ファイザーの株主は新会社の株式を57%保有するが、高いリターンは見込みにくいとした。バンクオブアメリカ・メリルリンチも30日付で投資判断を「買い」から「中立」に引き下げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。