日銀決定会合、大規模緩和策を維持 フォワードガイダンスを変更

2019/10/31 12:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は30~31日に開いた金融政策決定会合で、短期の政策金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度で推移するよう誘導する長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)の現状維持を賛成7、反対2の賛成多数で決めた。

政策金利については4月の会合で継続期間を明確化したフォワードガイダンス(先行き指針)について、「物価安定の目標に向けたモメンタムが損なわれるおそれに注意が必要な間、現在の長短金利の水準…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]