東証、制限値幅の拡大要件を見直し 2日連続ストップで翌日4倍

2020/6/30 16:49
保存
共有
印刷
その他

東京証券取引所は30日、制限値幅の拡大要件を見直すと発表した。東証では株価の極端な上昇や下落を防ぐため、株価が1日に変動する幅を一定範囲に制限する「制限値幅制度」を設けている。現在はストップ高(安)が3営業日連続した場合、翌営業日から制限値幅の上限(下限)を2倍に拡大しているが、これを2営業日連続した場合に翌営業日から4倍に拡大へと見直す。8月3日以降に実施する。

近年では特に需給の偏りが顕著な銘柄において、現在の制限値幅制度では長期にわたって売買が成立しない例が増えているといい、東証は今回の見直しを決めた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]