/

OLCの4~6月期、純利益8%増 イベント費用減少

オリエンタルランド(OLC)が30日発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比8%増の229億円だった。前期に計上した東京ディズニーリゾートの35周年イベントに伴う費用がなくなった。商品や飲食の原価率低下も利益を押し上げた。

売上高は微減の1205億円だった。主力のテーマパーク事業では入園者数が前年同期と比べ増加したが、1人当たりの売上高は下回った。営業利益は7%増の319億円だった。

20年3月期通期業績は従来予想を据え置いた。売上高は前期比9%減の4792億円、純利益は28%減の653億円を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン