/

この記事は会員限定です

メキシコ買い・トルコ売り バイデン氏優勢で市場選別

[有料会員限定]

金融・資本市場で、米大統領選での民主党候補バイデン氏の優勢を見据えた売買が活発になっている。トランプ政権による強硬姿勢からの転換を期待してメキシコや中国の通貨が買われる一方、対米関係がさらに悪化するとの懸念からトルコは通貨安が進む。バイデン氏が掲げる環境投資が逆風になるとの思惑で資源国通貨の一角も売られている。米国時間11月3日投開票の米大統領選まであと数日。米国ではトランプ政権を上回る規模の経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン