2019年7月22日(月)

米医療保険のユナイテッドヘルスが大幅安 アマゾンなど3社のヘルスケア提携を懸念

2018/1/31 1:53
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】30日の米株式市場で医療保険のユナイテッドヘルス・グループが大幅に続落している。一時は前日比6.2%安の232.10ドルを付けた。30日朝にアマゾン・ドット・コム、投資会社のバークシャー・ハザウェイ、金融のJPモルガン・チェースが従業員向けのヘルスケアサービスを手掛ける新会社を共同で立ち上げると発表し、競争激化を懸念する売りがかさんだ。

米国では医療関連費の高騰が大きな社会問題になっている。アマゾンなど3社は従業員向け医療保険などのコスト削減を目指す。「簡素で、透明性の高いヘルスケアを手ごろな価格で提供する」ことが新会社設立の目的と発表資料で説明した。3社は合わせて100万人以上の従業員を抱える。新設の会社は営利目的とはしないという。

昨年高級スーパーを買収したアマゾンは、ヘルスケア業界への進出も取り沙汰されており、今回の発表を受けてヘルスケア銘柄への収益懸念が広がった。医療保険の関連銘柄が軒並み売られ、同業のヒューマナは一時4.9%安、エトナは4.3%安まで下げた。ドラッグストアのCVSヘルスやウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンス、薬剤給付管理(PBM)のエクスプレス・スクリプツなどにも売りがかさんでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。