/

この記事は会員限定です

生産の回復、輸出に出遅れ 内需の鈍さ浮き彫り

[有料会員限定]

鉱工業生産の回復が輸出から出遅れている。経済産業省が30日に発表した9月の鉱工業生産指数(速報値)は4カ月連続で前月を上回ったものの、今年6月以降の戻りは輸出に見劣りする。国内生産と輸出の回復ペースに差が生まれ、個人消費や設備投資といった国内需要の持ち直しの鈍さが浮き彫りになっている。

9月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整値)は前月比4.0%上昇の91.6だった。自動車、生産機械、電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1062文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン