平和不の新中計、24年3月期の営業益120億円以上 兜町再開発も

2020/4/30 17:15
保存
共有
印刷
その他

平和不動産(8803)は30日、2024年3月期を最終年度とする4カ年の中期経営計画を発表した。24年3月期の連結営業利益について、20年3月期(前期)比10%増の120億円以上を目指す。再開発事業のうち日本橋兜町(東京都中央区)や茅場町(同)エリアには4年間で約220億円をかけ、新たな街づくりを進める。新規賃貸物件を取得するなど、ビル事業の成長も目指す。

株主還元については、24年3月期までに連結配当性向を50%程度を目標とする。24年3月期までの4年間の自己資本利益率(ROE)は6%以上を目指す。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]