1/29 1:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,215.71 -127.80
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,160 -150

[PR]

業績ニュース

三菱ケミの4~6月期、純利益35%減 アクリル樹脂原料の市況悪化

2019/7/30 14:31
保存
共有
印刷
その他

三菱ケミカルホールディングスが30日発表した2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比35%減の378億円だった。アクリル樹脂原料の市況悪化や医薬品事業もロイヤルティー収入が振るわなかったのが響いた。

売上高にあたる売上収益は1%減の9163億円だった。一時的な損益を除いた本業のもうけを示す「コア営業利益」は24%減の700億円だった。アクリル樹脂の原料となるメタクリル酸メチル(MMA)モノマーは中国の需要が落ちたほか、前年同期と比べ市況が悪化し単価が下落した。子会社の大陽日酸が欧米事業を買収し産業ガス事業は好調だったが、半導体や自動車向けの需要が振るわず機能性樹脂などの需要も低迷した。

20年3月期通期の業績見通しは据え置いた。売上高は前期比6%増の4兆800億円、純利益は1%減の1680億円を見込む。

同日記者会見した伊達英文執行役常務は、米中の貿易摩擦の需要への影響に関して、直接かどうかは分からないとしたうえで「消費者心理としてはそれなりの影響が出ていると思っている」との認識を示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム