2019年3月19日(火)

3/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: バフェット氏の最新助言「米国の強みとコストの怖さ」[有料会員限定]
  2. 2位: リース基準に揺れる市場、企業価値の見極めに甘さ[有料会員限定]
  3. 3位: メガチップスの19年3月期、最終赤字19億円 早期退職も募集
  4. 4位: 「初」の敵対的TOB 光と影 (一目均衡)
  5. 5位: 海外マネー、日本国債に 長期金利に低下圧力[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,584.50 +133.65
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,410 +170

[PR]

業績ニュース

任天堂、今期純利益850億円に上方修正 「スイッチ」好調で

2017/10/30 16:45
保存
共有
印刷
その他

任天堂(7974)は30日、2018年3月期の連結純利益が前期比17%減の850億円になりそうだと発表した。従来予想(56%減の450億円)を大幅に上方修正した。3月に発売した家庭用据え置き型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」や関連ソフトの販売が好調だったうえ、外国為替相場の前提を対ユーロで円安方向に見直したことが利益を押し上げる。

決算を発表する任天堂の君島社長(30日午後、大阪取引所)

売上高は96%増の9600億円、営業利益は4.1倍の1200億円にそれぞれ上方修正した。17年4~9月期にニンテンドースイッチを国内外で489万台販売。「スプラトゥーン2」や「マリオカート8 デラックス」といった人気作の投入で関連ソフトの販売本数は2202万本と好調だった。

今期の想定為替レートについては対ユーロを1ユーロ=115円から125円とし、円安・ユーロ高水準に見直す。対ドルは1ドル=105円を維持した。

併せて17年9月末を基準日として1株あたり110円の配当を決定。それに伴い今期の配当予想を360円(前期は430円)とし、従来予想を170円引き上げた。

同日、公表した17年4~9月期の連結決算は純利益が前年同期比34%増の515億円、売上高は前年同期から2.7倍の3740億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム