/

アルプス取締役、香港ファンドの意見「これから精査」アルパイン買収巡り

アルプス電気(6770)の気賀洋一郎取締役は30日午後に都内で記者会見し、同社大株主で香港のオアシス・マネジメント・カンパニーがアルプスが計画しているアルパイン(6816)の完全子会社化を巡り「買収価格が不公正」などと表明したことについて「あくまで一株主としての意見で、これから精査する」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン