/

この記事は会員限定です

老舗ハイテク株に明暗、富士通高・NEC安 見通しで格差

[有料会員限定]

30日の東京株式市場で、老舗ハイテク株の株価に明暗が分かれた。富士通株が一時8%高と急騰した一方、NECは7%安と大きく下落した。両社とも29日に2019年4~9月期の連結決算(国際会計基準)を発表し、いずれも本業のシステム事業の好調ぶりを示したが、先行きについての見方の違いから市場の反応が分かれた。両社とも構造改革による不採算事業の整理を進めたことで株価は上昇基調を続けていたが、きょうの反応は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン