/

この記事は会員限定です

株2万3000円割れ 市場関係者の見方

[有料会員限定]

30日午後の東京株式市場で日経平均株価は心理的な節目の2万3000円を下回る場面があった。取引時間中に2万3000円を割るのは1月8日以来、およそ3週間ぶりだ。新型肺炎の影響拡大への懸念が引き続き強いほか、足元で本格化している企業の決算発表への警戒も一部にある。現状と今後の見通しについて市場関係者に聞いた。

「短期筋がリスク回避の動き 極端な株安は想定せず」

香川睦・楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン