/

この記事は会員限定です

<東証>三越伊勢丹が上場来安値 今期最終赤字、「中長期も株価低位」の見方

[有料会員限定]

(13時40分、コード3099)三越伊勢丹が急落し、上場来安値を更新した。午後には一時、前日比57円(10.2%)安の503円まで下げた。29日、未定としていた2021年3月期の最終損益が600億円の赤字(前期は111億円の赤字)になりそうだと発表した。大幅な赤字転落を受けて売りが集まっている。

未定としていた年配当は前期比3円減の9円とした。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて客足が減少。収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン