/

東証、有報虚偽記載のLCAHDを上場廃止に 12月1日付

東京証券取引所は30日、市場第2部上場で経営コンサルタントのエル・シー・エーホールディングス(4798)を12月1日付で上場廃止にすると発表した。LCAHDは虚偽記載をした有価証券報告書などについて訂正報告書を提出していたが、その後の審査においても依然として内部管理体制などに問題があり、改善がなされなかったと判断したため。

併せて東証はLCAHD株を10月30日から11月30日まで整理銘柄に指定する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン