/

SBIと三井住友FG、スマホ証券などの提携内容を発表

SBIホールディングス(8473)は30日、三井住友フィナンシャルグループ(8316)と4月28日に合意した資本業務提携について、具体的な内容を発表した。SBI傘下のSBI証券とSBIネオモバイル証券、三井住友FG傘下の三井住友銀行の間で、スマートフォンを利用して相互に証券や金融サービスを紹介する。

SBIネオモバイル証券の顧客に三井住友銀行の外貨預金などの資産形成需要に対応する商品を案内するほか、三井住友銀行の顧客にTポイントを使った国内株取引等が可能なSBIネオモバイル証券のサービスを案内する。SBIネオモバイル証券と三井住友銀行間の資金移動も、相互に即時入出金が可能な仕組みを構築する。両社のアプリ内での残高照会、自動振り替えなどの口座連携、SBI証券の顧客への三井住友銀行の相続関連サービスの紹介なども行う。

SBIネオモバイル証券が三井住友FGに対し第三者割り当てによる新株発行を実施し、三井住友FGがSBIネオモバイル証券の20%の株式を保有することも改めて発表した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン