2018年8月22日(水)

自民・稲田氏「増税再延期なら衆院解散を」 首相と会談

2016/5/30 11:46
保存
共有
印刷
その他

 安倍晋三首相は30日午前、首相官邸で自民党の稲田朋美政調会長と会談した。2017年4月の消費税率引き上げの再延期や衆参同日選について議論した。稲田氏は会談後に記者団の取材に応じ、消費増税について「来年4月にゼロではなく、1%でも上げるべきだと話をした」と語った。首相からは再延期する意向を伝えられたという。同時に、稲田氏は「延期するのであれば国民の信を問うべきだとも申し上げた」と語り、衆院解散・総選挙に踏み切る必要があるとの認識を示した。

 安倍首相は28日に麻生太郎副総理・財務相、自民党の谷垣禎一幹事長、菅義偉官房長官と会談し、増税を2019年10月まで2年半先送りする考えを伝えた。首相は30日に自民党の高村正彦副総裁、二階俊博総務会長とも協議しており、政府・与党内での調整を急いでいる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報