4月の小売業販売額、0.8%減 基調判断「弱含み傾向」に据え置き

2016/5/30 10:00
保存
共有
印刷
その他

経済産業省が30日発表した4月の商業動態統計(速報)によると、小売業販売額は前年同月比0.8%減の11兆4660億円だった。2カ月連続で前年を下回った。原油安で燃料小売業の減少が続いたほか、テレビやデジタルカメラなどの販売もふるわなかった。季節調整した前月比は横ばいとなった。

経産省は小売業の基調判断を「弱含み傾向」に据え置いた。大型小売店の販売額は百貨店とスーパーの合計で前年比0.1%減の1兆5458億円だった。百貨店の既存店販売は3.6%減となった。婦人服などの衣類が低調だったことが響いた。一方、スーパーでは主力の飲食料品が好調で、既存店販売は0.8%増だった。

コンビニエンスストアの販売額は4.5%増の9190億円となった。食品などが好調だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]