/

実質消費支出、7月は0.5%減 5カ月連続落ち込む、家計調査

総務省が30日発表した7月の家計調査によると、2人以上世帯の消費支出は1世帯あたり27万8067円で、物価変動を除いた実質で前年同月比0.5%減少した。減少は5カ月連続。QUICKが事前にまとめた市場予想は1.0%減だった。総務省は基調判断を「弱い動きがみられる」のまま据え置いた。季節調整して前月と比べると2.5%増加した。

消費支出の内訳(実質)をみると、自動車関係費など「交通・通信」が8.5%減少した。軽自動車の燃費データ不正問題を背景とした自動車購入を手控える動きが響いた。テロの影響で外国パック旅行費が減少し、「教養娯楽」は3.3%落ち込んだ。

高額でぶれが大きい住居と自動車を除いた実質支出は前年同月に比べて0.8%減少した。季節調整済みの前月比では0.3%増加した。

勤労者(サラリーマン)世帯の1世帯あたりの消費支出は30万2422円と、実質で3.5%減少した。3カ月連続で前年実績を下回った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン