/

ソフトバンクG、前期の最終赤字9000億円に拡大

ウィーワーク関連の損失膨らむ

ソフトバンクグループ(9984)は30日、2020年3月期(前期)の最終損益が9000億円の赤字(前の期は1兆4111億円の黒字)になったと発表した。13日に発表していた7500億円の赤字から、赤字額がさらに拡大する。米シェアオフィス大手「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーなど「ビジョン・ファンド」以外の投資先の営業外損失が前回発表時より膨らむ見込みとなったため。

営業外損失はこれまでの約8000億円から1兆円超になる見通し。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン