/

この記事は会員限定です

「損失限定型」投信、コロナ禍が迫った繰り上げ償還 個人の投資マネーに停滞リスク

[有料会員限定]

世界の金融市場がコロナショックに揺れるなか、投資信託業界に逆風が吹き付ける。世界株安で運用環境が悪化し、一部の「損失限定型」投信が繰り上げ償還に追い込まれた。主に地方銀行などで販売されてきた損失限定型投信は、リスク許容度の低い個人投資家のマネーを集め、純資産総額を伸ばしてきた。同様の事例が相次げば投信への信頼感を損ない、個人の投資離れが進む状況になりかねない。

今回、繰り上げ償還の実施を決めたのが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1552文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン