/

甘利経財相、ギリシャ問題「影響を過大評価しない方がいい」

甘利明経済財政・再生相は30日朝の閣議後の記者会見で、ギリシャの国際通貨基金(IMF)への融資返済の期限が30日に迫り、債務不履行(デフォルト)の懸念が高まっていることについて「経済規模が大きくないということで、影響を過大評価しない方がいい」と述べた。

甘利経財相は「欧州連合(EU)側もギリシャも、お互いどうソフトランディング(軟着陸)させるか知恵を出してもらいたい。両方が突っ張っていると、両方にとっていい結果にならない」と指摘。「世界はあまり右往左往せず、冷静に注視していくことが必要」との見方を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン